メールアーカイブシステムで重要になっているSMTPプッシュ

メールアーカイブシステムでは送受信されているメールを改ざんなく安全に保管することが必要ですが、送信メールについてはメールサーバに送る前にメールアーカイブシステムを通す場合とメールサーバがSMTPプッシュでメールアーカイブシステムに転送することができますが、メールの送受信数が増えていることからSMTPプッシュ式が多く利用されています。メールについては業務でのやりとりを残すことになりますが、特に重要視されているのが輸出入が関係する取引についてです。アメリカの財務省からの通達もあり、取引に関わるメールは後から提出を要求されることがあり、保管義務が生まれています。また、ただ、保管すればよいわけではなく、改ざんされていないことを証明する義務も生まれていることから各企業でも対策が進んでいます。特に送信メールについては改ざんされやすい部分でもあるのでメールアーカイブシステムにおいてSMTPプッシュを使う方法が最適と考えられています。メール自体のアーカイブについては検索機能のため、タグが設置されるケースも多々有り、システム全体の負荷もありますので最新のハードウエアを利用してメール業務が滞らないように工夫されてきています。

SMTPプッシュは送信用のメールサーバにメールが届いた段階でメールアーカイブシステムに転送しておく仕組みです。従来のメールアーカイブシステムを通し、さらに、SMTPサーバに送信するよりもメールシステム全体への負担が少ないと期待されています。また、企業においてはSMTP、POPともどもサーバを介してからアーカイブする方式では改ざんの可能性を払拭できないことからアーカイブする前にメールアーカイブシステムにプッシュする仕組みがとられることが増えています。メールアーカイブシステムを通して各サーバにメールを渡すことが理想ですが、システム負荷が増えてしまうことから妥協案としてSMTPプッシュなどが採用されています。この場合、厳密にはSMTP、POPにメールが一端入ることになりますが、ファイル保存するまえにプッシュすることで財務省が求める基準も突破していることが多いようです。そのため、プッシュがすむまでの間にメールにウイルスチェックなどをかけることは許されないことが多く、メールが届いた状態、そのままがアーカイブされる仕組みとなっています。ただし、アーカイブ時には原文以外にタグを作り検索しやすくすることは行われます。

公開日: