メールアーカイブソフトによるスパム処理

メールを使用してビジネスを展開するシーンはいたるところで見られます。現代はメールなしには成立しないのです。しかし、毎日送受信するメールの量は膨大となり、それをどのように整理するかが重要な課題となります。その一つの回答がメールアーカイブソフトの利用です。メールアーカイブとはメールサーバーの外に位置しており、送受信されるメールをすべて保管するソフトです。したがって、現在使用しているメールサーバーに手を加える必要はありません。メール自体は非常に便利なツールですが、悪意を持ったメールが送られてくることがあります。これがスパムメールです。メールサーバーにはスパムをチェックする機能はありませんから、外部にセキュリティソフトをインストールすることになります。メールアーカイブではメールをすべて保存するのですが、その内容も同時にチェックしており、スパムだけを別管理することも可能です。単に保管するだけの機能ではないのです。メールアーカイブソフトにはいろいろなタイプがあり、商品によって提供される機能も異なります。自分の会社でどのようにメールが活用されており、どのような管理をしなければならないかを整理することが大切です。

ここでメールアーカイブソフトの機能について考えてみましょう。スパムメールが大量に送り付けられて困っている企業は少なくありません。メールサーバー側にある程度の機能があれば、それらの悪意を持ったペールを排除することも可能です。メールサーバー、メールアーカイブ、セキュリティソフトはメールに対するアプローチの違いはありますが、同じデータを監視しています。つまり、単独で動作するよりも相互に関連付けた方が効率は高くなります。スパムメールが社会的な問題となり報道されることもありますが、既知のスパムであれば、排除は比較的簡単です。セキュリティソフトがメールサーバーの前段で処理してくれるでしょう。本当に必要なメールだけが利用者に届き、そして、それがアーカイブされるのです。また、過去のメールデータを検索して必要なデータを取り出すこともできます。検索用のキーワードをピックアップしてくれるのです。また、複数のメールサーバーのデータをインポートすることによって、様々な応用が可能となります。メールはその時だけの情報のやり取りだけではなく、記録されることによってビジネスの武器に高めることができるのです。メールアーカイブを利用することが、企業の発展を考えるきっかけになるでしょう。

公開日: